スマホ修理の定番、液晶画面がひび割れた

仕事自宅に到着、暗がりの中をスマホのライトで凌ごうと操作していると、手につかずにスルリと落ちていく。地面に叩きつ

iPhoneが台風で水没したので彦根で修理

 

けられてしまい、すぐに拾い上げるもなんか手触りが違うんです。嫌な予感そのままに液晶画面には大きな亀裂が入っておりました。フィルムのおかげで飛散は避けられたものの、衝撃の

 

アイフォンの買取の店を彦根で探した

 

ひどさを物語っています。それでもスマホは反応するのでどうやらダメージは画面のみのようです。当然このままにしておくのはよくないので、修理するために購入先のキャリアショップと修理専門の業者を訪ねてみました。結論は購入先の方が修理費用が数千円高くなり、修理には預かりとなる模様、そしてその間代替え機の提供もあるとのことです。専門業者はそれに比べて30分ほど待っていれば修理が可能になると言われました。購入したてのスマホなら購入先で依頼しても良かったのですが、長年使っていたものなので専門業者に依頼、手軽な修理となりました。